投稿日:

中年からコンサータ・ストラテラを始めてみたら副作用が辛かった

私がADHDの診断を受けたのは、アラフォー近くなってからでした。

アラフォーともなれば工夫で不注意などは改善できていましたが、ただ自律神経失調症だったこともあり、毎日無気力で辛くもうひとりでは解決できんと思い薬のお力を借りることにしました。

この記事は私個人の感じた事が主なので、薬についてもう少し知りたい方は「ADHD治療薬:効果・副作用は人によるけど、なるべくまとめてみた」を読んでみてね。

体が弱いと副作用が多くて効果を感じにくいのかも

私の場合、アレルギー体質でHSP傾向強め、自律神経失調症のさなかに服薬開始したためか、副作用がかなり酷くでました。
また、中年で診断が下りた事もあり、起床・片付け・不注意などは自分なりの工夫でなんとかやれており、一番困っていたのが頭の中の多動と無力感だったため、なかなか効果を感じられませんでした。
ASD併発があるのも関係あるかもしれません。

コンサータ服薬してみて

1〜3日目:18mgからのスタート。頭が重い、ぼーっとしてだるかったですが、それは3日で収まりました。

それ以降:調子の悪い時が80%くらい、調子の良い時が20%くらい

調子が悪いと心臓がバクバクして手の震えで何も手につかず、眠れない。

逆に調子が良いと、頭が覚醒してどんどんタスクをこなそうとする。でも暴走エンジンを積んでる感じで追いつかない感じがありました。

私の場合別人になったような効果は感じられず、心臓が苦しくて負担が掛かるデメリットが大きかったため、1ヶ月で服薬中止しました。

脳の覚醒は確かに感じたので、心臓や自律神経のしっかりしてる人は「今までの自分ってなんだったんだ!」というような世界が変わって見える可能性もあると思います。

ストラテラ服薬してみて

ストラテラは副作用が短くて2週間、長くて6週間くらい続くと言われています。

私も5週間目くらいまで副作用が辛かった。40mgからのスタートです。

夜全く眠れず逆に昼間今まで感じたことのない眠気とだるさ、目眩でフラフラでした。落ち着いてからも不眠が続き、自律神経が不安定なのが続いています。あと口が乾ききって臭い(汗)

効果はじんわりゆっくり出てきました。今まで頭の中がとっちらかっていたのが、多少落ち着いて集中力が出るようなそうでもないような。コンサータとは違いエンジンを積んでる感じはなく、粛々と物事を進める感じ。

ただ、あまり効果が感じられなかったため、朝40mg、夜40mgに増量しましたがその後1週間でギブアップしました。不眠と自律神経不安定が辛すぎた。

40mgで効果を感じている場合は、副作用が辛くても4、5週間我慢すると収まる場合もあるので先生と相談してみてください。
自律神経がしっかりしてる人は「頭が静かだ、なにこれ!」という可能性もあるような気がします。

コンサータもストラテラもやめて、自己流で工夫を続けることにした

さて、辛かったストラテラ服用期間約2ヶ月。先生と効果が感じられず副作用がそれほど酷いなら止めようということで、薬はしばらく止めることにしました。

という訳で服薬を止めたらもう体が軽くて仕方がない。
昼眠くならない、夜眠れる、風邪を引かないだるくない。多少頭が暴走したり無気力になったり、変な行動をしようともしんどくないのが一番だと思い知らされました。

私の行ってる病院では、薬以外のアプローチはしていないとのことで、当分今まで通り自分の工夫でなんとかやっていくことになりそうです。

長期間続けるには自律神経や肝機能が心配

私はちょうど学生の頃ADHD全盛期という感じで、混乱に混乱を極めていたので、その時ADHDのお薬に出会っていたらもう少し落ち着いた人生を送っていたかもしれません。

現在、中年としては肝臓がなんか弱ってる感じがするし、自律神経がますます不安定になってる感じが否めません。

薬の効果を利用して習慣づけをし、薬以外のアプローチもどんどん採用していくのがいいという感想です。

こういう意見もあり、私もそんな気がします。

.

Twitterを参考にさせていただいた皆様、ありがとうございました。
ブログへの掲載が不可という方はお知らせください、削除いたします。

参考:リタリコ発達ナビ日経メディカル薬局業務NOTE脳科学辞典

▼ いいねやシェアしてくれたら、小躍りして喜びます 🕺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です