投稿日:

見てたら胃が痛くなる「サバイバー:宿命の大統領」

あの「24」のキーファー・サザーランドが大統領役!?

ということで

視聴者としては、大統領自ら敵をちぎっては投げ、ちぎっては投げ「クソー!!」と電話を投げつける姿を想像しちゃう訳ですが。

このドラマのサザーランドさんは、超フツーのおじさん。

グレーの冴えないパーカーが似合うこと。
テロの危機にいきなり大統領にされ、軍議に圧倒されてフラーっと立ち去ってしまいます。

海外ドラマ サバイバー: 宿命の大統領 より

ま、普通の人だったらそうなるわな。

そのうえすんごいいい人! いつでもありがとうを忘れず、大統領の弔事を断った青年にも優しく接し、いかにも怪しいおばちゃんにも正直に話しちゃうし、いい人すぎて見てるのが辛い。こっちの胃までキリキリ痛んじゃう。

チート能力なども行使せず、少しづつ周囲の人を味方につけながら、だんだん頼もしく大統領らしくなってゆきます。ある意味リアリティがあるんだけど、はたして見終わるまで私の胃がもつか。

見どころはサザーランドさんの演技と、誰もが怪しくみえる複雑な人間模様ですかね。 シリアスで謎の多いお話なんだけど、マジメな人だらけなので、もうちょっとパンチのある変人を投入してもいいんじゃないかと思いました。

さいごにおまけ。
テロの容疑者を捕まえたが口を割らない。強化尋問しましょうというCIA長官に、拷問は断固しないが情報を引き出せとジャック・バウワーとは正反対の事を言うサザーランドさん。

ただし猶予は24時間なのね。

海外ドラマ サバイバー: 宿命の大統領 より

これは「24」に掛けてるんでしょうか。

▼ いいねやシェアしてくれたら、小躍りして喜びます 🕺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です